コードバンレザーウォレットのリメイクとメンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コードバンレザーウォレット

8年前に製作をさせて頂きました富山県のお客様からフルコードバン仕様のレザーウォレットの修理依頼でご相談を頂きました。

お客様が富山県ということで、まずは現況の画像をメールでお送り頂きまして修理内容をご相談することにしました。

早速画像が届きまして確認しましたが、外装部分はかなりダメージがあり再使用は見込めそうになかったので

外装部分は新しく交換して内装部分をクリーニングすることでご了解頂きました。

 

コードバンレザーウォレット

現在もご使用中ということで極力お預かりする期間を短くする為に作業日程に合わせてお送り頂き、早速修理を開始します。

まずは外装と内装を分離しますが、内装部分は実際に分解しないとわからない部分もありましたので当初予定していたよりもパーツ単位て分解することにしました。外見では内装も革の状態が心配でしたが、表面の傷を除けば悪くはなかったのでクリーニングと脱臭そして、磨き上げで対処することにします。

外装部分は新しくパーツを作成して交換しますが、長年使われてきたアイテムは型崩れや変形指定入る部分もありますので

内装パーツを組み込む時に違和感が出ないように型崩れ部分を極力矯正した後に既存のパーツから型紙を起こして作り直しました。

そして新しく作成した外装パーツとクリーニングと脱臭が終わった内装パーツを再度組み合わせて再縫製して仕上げをします。

コードバンレザーウォレット

コードバンレザーウォレット

製作して8年ご使用されたレザーウォレットですが、外装も新しくなって新品みたいです。

内装もクリーニングと磨き上げすることでコードバン特有のツヤもだいぶ戻ってくれました。

この度はご依頼くださいまして誠に有難うございました。

気に入って下さって長く使い続けてくださるのは革職人としても嬉しい限りです!

 

追伸・・・

ブログの更新はかなり間隔が空いてしまいますが、インスタグラムは定期的に更新していますので

そちらもどうぞご覧ください。

宜しくお願いいたします!

メンランドのインスタグラム:mainland.jp :https://www.instagram.com/mainland.jp/

※お気軽にフォローください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妥協しない欲しいもの。流行ものではない革製品。 理想を形に

 お客様の理想を現実にする為に、実際の納まりを考えながら最善の方法を模索していきます。そのなかでもこの3つは特に重要視しています。



  • 理想の形(デザイン)

  • 使い勝手が良い(機能性)

  • 修理可能なもの(耐久性)


革の風合いが手から直に伝わる質の良さ、一生つきあえる様に修理可能なもの作り、お客様一人々々としっかり目線を合わせて理想の形を現実にを目指します。


メンランド公式サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください