Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mainland/mainlandjp.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

数量限定品&新作のベルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月14日。仙台は今にも雨が降ってきそうです。
ここ数日ずっと立て続けに革ベルト(レザーベルト)の製作ばかりやってました。
※別に季節ものだからと言う訳ではないのですが注文受付再開する時期によってこんな感じに同じジャンルの注文が固まる時があります。
うちの革ベルト(レザーベルト)を手にされたことがある方はご存知だと思いますが初めて手にした時、ビックリ!すると同時に顔をニンマリしてくれます。
たかが革ベルトでも真剣に手間隙掛けて作るとお客様はそんな表情を浮かべて喜んでくれますが、本物でなければこんなものかって終わってしまいます。
もう随分前のことですがある雑誌で革職人さんを追った特集みたいな奴の中で「昔、革ベルトばっかり親方に作らされた。来る日も来る日もベルトしか触らせてもらえず、こんな簡単なものを作る為に革職人になった訳じゃない!って思っていたけど、なんで革ベルトを作らされていたか1人前になってやっとわかった」という記述がありました。
その記述を見て私もこの親方に同感しました。将来革職人を志している人もこのブログを見ているかもしれませんので解説はしませんが、あえて言うならお寿司屋さんの卵焼きみたいなものです。(言い回しが変かも??)
いくら厳選した材料を揃えても腕が供わなければ美味しい卵焼きは出来ないし、かといって腕が良いからといってそれなりの素材ではやはりそれなり。
美味しく焼くには卵焼きも焼きに何年とは良く言いますが、それ位革ベルトも奥が深いのです。(この例えしか思い浮かばなかった・・・)

追伸・・
本当は3月に発売する予定だった数量限定の革を使って製作するベルトも、なかなか手を付けれる暇を作れずにもう数が月・・・・
そんな中やっとプロトモデル(試作品)が出来上がりました。
まだ決定ではありませんが、作ってみたら意外と出来が良かったので新作になるかもしれません。(※写真の革は限定品のものですが新作では使いません。)
このままいくと、限定品の方はいつになることやら・・・
あまり待たせるようなら限定の革を使ってラインナップの中からお好きなベルトを作るやり方のほうが今回は良いのではないかとと思う今日この頃です。
ちなみに画像の白い革ベルトは45mmの幅広ベルト(通常幅は38~40mm)でそれに対応するシルバー製(SV950)で大きめのバックルが手に入ったので付けてみました。
この白い革ベルトは使っていくうちに表面の顔料(色)が良い具合にクラックが入ったり擦れ落ちてかっこ良くなるからするのが楽しみです。
もちろん新作で発売決定です!。やっとメンランドにも白い革ベルトが加わりますので乞うご期待!!

Belt_new6_1_1 Belt_new6_2_1

ハンドメイド革製品メンランド
革ベルト・レザーベルト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください