ダイヤモンドパイソンレザーウォレット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンドパイソンレザーウォレット

外装全面にダイヤモンドパイソンのインレイを施したロングウォレット

 

6月に入ったと思ったら3日も過ぎて相変わらず時間に追われた生活を送っています。苦笑。

今日は、先日無事にお引き渡しが終わりましたダイヤモンドパイソンウォレット(革財布)のご紹介です。

ダイヤモンドパイソンレザーウォレット

レザーウォレット・ネイティブvintageがベースになってるカスタム製作のレザーウォレット(革財布)で

ご依頼主サマのご希望で外装全面にダイヤモンドパイソン(ツヤあり)のインレイ仕様にカスタムしています。

コンチョも標準の特注メディスンコンチョから1921年製の本物モルガン銀貨を使ったコンチョに仕様変更してますが

今やってるアップグレードサービスをご利用頂いて1880年代のモルガンコンチョになってます。

本物モルガンコインコンチョ

 

よく見るとお気づきでしょうか?

今回はリバティー(女神)の横顔側ではなくイーグル(フライングイーグルって言うんだっけ?)側のチョイスなので

付けてしまうと何年製のコインか判らなくなりますが、あえてそうするご依頼主サマがかっこいいです!

また、今回はご希望でコンチョベルトの方までインレイをまわしてます。

ダイヤモンドパイソンレザーウォレット

一体感がある仕上がりですね!

ダイヤモンドパイソンの様な長物の革だとこういう風にコンチョベルトの方までインレイをまわせるのですが

他の革、例えばリザード(トカゲ)とかクロコダイルなどの高級革は通常インレイに使用する革よりも個体の大きな革でないと出来ませんが

個体が大きくなるとそれだけで革の値段も跳ね上がるので、これだけするのにこんなに掛るの?ってな感じになっちゃいます。

ダイヤモンドパイソンキーホルダー

今回はこちらのキーホルダーも同時にご依頼頂きましたが、ウォレット本体とお揃いでダイヤモンドパイソン仕様で

コンチョもモルガンイーグルと言う事でしたので、デザインとかはおまかせ仕様になっています。

ダイヤモンドパイソンレザーウォレット

お引き渡し後にわざわざお礼のメールまで頂きまして本当に有難うございます。

またのご注文をお待ちしております!

では!

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妥協しない欲しいもの。流行ものではない革製品。 理想を形に

 お客様の理想を現実にする為に、実際の納まりを考えながら最善の方法を模索していきます。そのなかでもこの3つは特に重要視しています。



  • 理想の形(デザイン)

  • 使い勝手が良い(機能性)

  • 修理可能なもの(耐久性)


革の風合いが手から直に伝わる質の良さ、一生つきあえる様に修理可能なもの作り、お客様一人々々としっかり目線を合わせて理想の形を現実にを目指します。


メンランド公式サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください